3. 災害支援

宇和島NPOセンターは、被災者からのお困り事相談対応や課題の解決支援を行なっています。今後起こり得る宇和島市の災害状況を発信し、市内外からの支援獲得に繋げます。また被災後のケアとして、当センターの吉田窓口サロンスペースを開放。被災者と地域住民がコミュニケーションを図る場として交流促進を促しています。
  • お困りごと相談とは?
    • 当センターは被災者からのお困り事の相談対応を行い、被災者のニーズを市内の関係機関へ繋ぎ、課題解決支援をしています。特に被災者、単身高齢者の方へはお宅を訪問し、困り事や心配事を行政や社会福祉協議会へ相談し解決へと導く取り組みです。
    災害支援:困りごと調査

     

      宇和島NPOセンターは、当センター内サロンスペースを被災者と地域住民がコミュニケーションを図る場とし提供、交流促進を促します。
      • 茶話会とは?
        • 第3木曜日に開催されている誰もが気軽に参加できるお茶会。被災者と地域住民がコミュニケーションを図る場。開催場所は当センター内のサロンスペース、吉田公民館など。また折々に「お出かけサロン」を企画し市内各地を訪問。
        災害支援:茶話会

         

        宇和島NPOセンターは、今後起こり得る宇和島市の災害状況を発信し、市内外からの支援獲得に繋げます。

        • 紙媒体「キャリッジ新聞」の隔月発行
          • キャリッジ新聞とは?:西日本豪雨によって大きな爪痕が残された地域が、それぞれのできることで復興に取り組んでいる様子を、紙媒体でもっと広くわかりやすくお知らせしていく新聞です。センター内に置いておりますので、ご自由にお持ち帰り下さい。また、ダウンロードページにてPDF版を入手できますので、ぜひご活用ください。

        災害支援:キャリッジ新聞